電池のはなし

このところデジタル体温計の電池交換のご依頼が増えています。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響です。

4月7日には「緊急事態宣言」が出され、不安な日々が続いています。

デジタル体温計 LR41 代替
デジタル体温計

デジタル体温計の多くは「LR41」という型番のアルカリボタン電池が

使用されているのですが、需要の急増でメーカーでも在庫が無く、

しばらくは供給できない状況のようです。

当店の在庫も、残り1個(4月9日時点)となってしまいました。

体温計電池 LR41 アルカリボタン電池 代替
アルカリボタン電池 LR41

おそらく全国でも困っている方がたくさんいるのではと思います。

この「LR41」に替わる電池があるかどうか調べたところ、

腕時計用の酸化銀電池「SR41SW」で代用できることが分かりました。

腕時計用電池 SR41SW 体温計電池 LR41 代替
酸化銀電池 SR41SW

電圧は「LR41」が1.5V、「SR41SW」が1.55Vと異なりますが、

デジタル体温計に入れて動作確認したところ、支障なく使えました。

もし今、体温計用の電池が無くて困っている方は、

近くの時計店などで「SR41SW」に交換できるか相談してみて下さい。

 

1日も早い終息を願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り子時計のはなし

三鷹市立小学校の振り子時計を2ヶ月お預かりして修理しました。

昭和36年度の卒業生が寄贈した、精工舎のネジ巻き式振り子時計です。

この機械の分解掃除と、動力であるゼンマイを交換しました。

納品の日、再び動き出した時計の振り子がコチコチと小気味よく動き、

正時になると、ボーン、ボーン、ボーン…

これから毎日、いつまでも動き続けてくれますように。

動画(59秒) ↓

 

 

 

電波時計のはなし

日本の標準時を電波でとらえて正しい時刻を表示する電波時計ですが、その電波はどこから発信されているかご存知ですか?じつは日本には2カ所の送信所があります。その一つが福島県にある大鷹鳥谷山(おおたかどややま)送信所と、もう一つが佐賀県にある羽金山(はがねやま)送信所です。その2カ所だけで全国をカバーしているなんてちょっと驚きですね。

磁気のはなし

身の回りにはパソコン、携帯電話、テレビ、冷蔵庫、ステレオ、電子レンジ等、磁気を出すものがたくさんあります。この磁気は目に見えませんが、時計を近づけると内部の機械が磁気を帯びてしまい、動作不良を引き起こすことがあります。とくに携帯電話の着信時には、できるだけ時計を近づけないようにお気をつけください。